FC2ブログ
 

司法書士日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

NHK杯フィギュア 男子フリー(後)

 2015年11月28日NHK杯フィギュアは、後世に残る日となるでしょう。それはやはり羽生結弦、この人の存在が全てだったからです。
 第1グループ最終滑走者の演技途中からリンク脇に現れた彼に、既に会場中の視線が集まっていました。私も双眼鏡でじ~っと見てしまいましたよ。相変わらず細い、そしてスタイル良し。そして第2グループの6分間練習が始まるや否や、会場は彼を応援する声で一杯に!見たい選手だらけですが、スピードがものすごく早くて、私の動体視力では追いきれません。とにかく皆、バンバン4回転を跳びます。その中でも羽生君はほぼミスなくジャンプを跳び、その度に歓声が上がります。
 最終滑走者としてリンクに登場した彼は、少し緊張した感じでスタート位置に立ちました。TVで観ていた時は分かりませんでしたが、最初に少し風が吹く音がするんですね。追い風であってほしいと願いながら、演技が始まってから最初のジャンプまでは本当に緊張しました。私が緊張してどうする、という感じですが、おそらく会場にいる人全てが緊張している気配を感じました。そして最初の4回転サルコウを目の覚めるような美しさで跳ぶと、会場中「ワー!」という大歓声!あまりにも簡単に跳んだので3回転かと思ってしまいました。その後も次々とジャンプを決め、「ノーミス来るか」と誰もが期待する最後のルッツジャンプを軽々と決めると、会場が揺れるかと思うほどの大歓声が!このルッツジャンプはご存知のとおり、ショートから外すほど成功率の悪いジャンプだったので心配でしたが、この日の彼は失敗する気配が全くなかったです。珍しくガッツポーズも出ましたしね!最後のジャンプを決めてから、会場内は異様な雰囲気でした。演技をする彼に拍手と歓声がやまず、皆の興奮がビッグハット全体を包んでいるよう!私もこんな体験は初めてで、とても興奮しました。この日、ここにいられて本当に幸せです。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。