FC2ブログ
 

司法書士日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「まろとN響の仲間たち」演奏会

12月14日(日)は壬生町城址公園ホールにて「まろとN響の仲間たち」演奏会に行って来ました。
ところで、この壬生町城址公園ホール、隣接地には図書館や歴史民俗資料館もあり、まさに町民にとっては壬生町の文化の中心となる場所であります。私の事務所からも徒歩10分ほどで行けますし、私が壬生中生のころは、吹奏楽部の練習でも使わせていただきました。選挙の際は投票所になり、町民文化祭ではカラオケ大会の場に早変わり、そして過去にはショパンコンクールで優勝したS・ブーニンやユンディ・リ、オペラ歌手の佐藤 しのぶ や中丸三千繪、ヴァイオリニストの諏訪内晶子など、「なぜ、こんな田舎にこんなスゴイ人が?」という素朴な疑問がわくほど、スゴイ人が来ているんです
今回もN響という、日本を代表するオーケストラの精鋭の方々にきていただいて、とても嬉しかったです。演目はモーツァルトの「セレナーデ 第13番 アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「ピアノ協奏曲第12番」、チャイコフスキーの「弦楽のためのセレナーデ」。「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は一楽章ごとにコンマス(ソリスト?)が変わるという、面白く実験的な内容。コンマスが主に若手で、それぞれの個性が出ていて良かったですし、N響全体が、若手を応援している感じがしてほほえましかったですね
「ピアノ協奏曲第12番」は初めて聞く曲。なぜこんな地味な曲を?と思いましたが、内容は素晴らしかったです。ピアノの阿久澤政行さんは地元栃木県の方で、アンコールで披露してくれた「マイ・フェイヴァリット」という曲も素敵でした。映画「サウンド・オブ・ミュージック」の中で使われる「マイ・フェイヴァリット」という曲(JR東海のCMでもお馴染みの、あの曲です)を阿久澤さんがジャジーにアレンジしたのでしょうか。正直、「ピアノ協奏曲第12番」よりもイキイキとしていて良かったです。観客席からも「ブラヴォー!」の声が沢山、上がっていました。
お待ちかねの「弦楽のためのセレナーデ」は、ほんっとうに素晴らしかったです感激して、ちょっと涙が出てきてしまいました。今回のN響の編成は全部で16人と、かなり少ないと思うのですが、個々の能力が圧倒的に素晴らしいので、人数は全く気になりませんでした。この人数でこの迫力、この素晴らしさ、驚異的です。「弦楽のためのセレナーデ」は、メロディーも美しいですし、弦だけなので独特の透明感があります。CDで聴いていて、もともと大好きな曲ですが、やはり生で聴くと全然、違いますね。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。